慶應義塾大学理工学部電子工学科  神成研究室

HOME

2017年度集合写真






















教員

慶應義塾大学理工学部電子工学科 理工学研究科総合デザイン工学専攻
神成文彦教授

経歴

慶應義塾大学 (大学) 工学部 電気工学科 1980/03/31 卒業
慶應義塾大学大学院 博士課程 工学研究科 電気工学専攻 1985/03/31 修了
1984年 Rutherford Appleton研究所研究員。
1986年 Spectra Technology社上級研究員。
1988年 慶應義塾大学理工学部助手。
2000年 慶應義塾大学理工学部教授
著書は、「量子工学(培風館)」「レーザー応用光学(共立出版)」「分光測定のためのレーザー入門(講談社サイティフィック)」等。

受賞学術賞

レーザ‐学会 レーザー研究論文賞高強度レーザー利用のための時空間レーザーパルス制御技術 2010/05
電気学会C部門貢献賞電気学会C部門における調査専門委員会の活性化に貢献 神成 文彦(社)電気学会 2006/09
レーザー学会 レーザー研究論文賞「157nmF2レーザー」神成 文彦 レーザー学会1992/07
電気学会 論文発表賞「短パルスエキシマレーザのコヒーレント増幅」神成 文彦 電気学会 1992/04
慶應工学会賞 神成 文彦慶應工学会1980/03

現在の専門分野

応用光学・量子光工学
KEYWORD:レーザー物理/工学,非線形光学,フェムト秒レーザ,レーザ計測,スクイーズド光

現在の専門分野・総合紹介

成熟してきた高機能レーザの周波数および空間域の位相特性を計算機制御によって整形することで制御された光と物質の相互作用を実現するための研究。対象としては,分子励起・解離反応,非線型光学波長変換,多光子励起蛍光,非線型光学を用いた光の量子相関,等である。いずれも,フェムト秒レーザパルスの振幅・位相を計算機制御で整形するツールを用いているのが特徴。

助教 廣澤 賢一

チーム固体レーザ・波形整形
血液型AB
出身校浅野高校
趣味音楽鑑賞(広く浅く),NFL観戦
特技天気予報
自己紹介
神成研で博士取得後,3年ほど会社勤めし,再び神成研で研究しています。研究内容ですが学生時代は量子チームで,光ファイバを使ったスクイズド光生成や,量子相関形成の研究をしていました。会社時代にレーザー加工装置について学んだ後,現在はTalbotレーザー(三菱電機(株)殿との共同研究)とフェムト秒レーザー加工導波路による導波路レーザー作成を主に担当しています。
 プライベートでは今年のテーマが体を鍛えることだったので,スポーツセンターに通い始めました。相変わらず細いのですが,若干筋肉がついた模様です。スポーツ観戦(特にNFL)と甘いものが好きです。
 神成研は厳しいと評判ですが,実は神成先生は年々やさしくなっていると感じますし,自分より年上のOBの方に聞くと,自分の時代よりも厳しかったようです。これはもちろん,やるべき研究内容が減ったわけではなく,怒られかたがソフトになったという意味です。研究にやりがいを求める学生さんは是非神成研を選択肢のひとつに加えてみてください。

現役学生

D3 Song Qiyuan (宋 啓原)

チーム理研
血液型分からない
出身校復旦大学(中国)
趣味歴史 旅行 バスケットボール
特技複雑な思考
I was born in Xi’an, China and grew up in Shanghai. My major in bachelor is optical science and technology. So I decided to continue my major for my further study. Now I am a doctor student for bio-medical imaging research. I came to Japan and joined Kananri Lab in 2010. Before that I was a master student in University of Southern California in United States. Many people asked me why I came to Japan. One of the important reasons is that Prof. Kannari is a really great professor. Before I came to japan, I sent many emails to the professors in order to find a chance for study. And one day I found a professor replying me and this email was very long including the details of his current research, how to make a living in Japan and my future plan. So Prof. Kannari really cares every student and is ready to help you if you want to be better. After I came to japan, I started the research topic called ‘spatio-temporal focusing’ technique. It always has hard time in research life. However, the life in Kannari lab is nice. When some people do experiment with you overnight, you feel you are fighting together and you are not alone. In Kannari lab, Prof. Kannari gives students the freedom in thinking and doing. You can propose your own idea and try to realize it. This kind of experience is wonderful and unique. In terms of my research field, it’s like to play LEGO toys. We design the microscopy and build it up by optical/mechanical components, electrical devices and software control. The most important thing is to figure out how to make all the things work correctly. Another important reason why I came to Japan is that I am really interested in Japanese culture and history. I want to go everywhere I know from the books and movies. Previously, I was interested in the Japanese castles and now I am more interested in the temples, Buddhism and even literature in japan.

D2 田中 裕樹

チーム固体レーザ
血液型B
出身校慶應義塾湘南藤沢高校
趣味読書、運動
特技フランス語、野球
私は学部時代に留学していたこともあり、2013年度秋学期から神成研に入りました。神成研にコアタイムはなく、各人が日々主体的に研究しています。他の研究室にない一番の魅力は、チームで研究をしているからこそ生まれる結束力、先輩からの技術・ノウハウの継承かと思います。完全に個人プレースタイルの研究室も多い中で、神成研は非常にサポートの厚い研究室だと思います。新しく入ってくる学部4年生へのサポートも非常に厚く、全体で基礎の勉強をした後、チームごとに勉強会をしてサポートするのが通例です。 神成研=まじめ・堅い、なんていうイメージを持っている人はいるかもしれませんが、メンバーは皆明るく気の良い奴ばかりで、飲んで騒いでも大好きです(先生も飲み会の時は気さくです)。メリハリが利いているところも神成研の大きな魅力の一つです。
百聞は一見に如かず。神成研に興味があれば、気軽に見学に来てください。いつでもウェルカムです。

D2 保坂 有杜

チーム量子
血液型不明
出身校渋谷教育学園幕張高等学校
趣味ジャズピアノ,作曲,麻雀
特技物理学
自分が神成研を選んだきっかけは、学部3年生向けの全体説明会での神成先生のお話を聞いたことです。もともと他の研究室に入りたいと思っていたのですが、先生が「物質からではなく光からのアプローチ!」と言った瞬間に心惹かれました。
先生の言葉の通り、神成研究室は光の様々な性質を操ることで新しい現象を起こしていくことをモットーにする研究室です。そしてそこには必ず理論に基づいた鮮やかなアプローチがあります。
私は現在、量子チームで量子光学の研究をしています。いずれは量子コンピュータ、量子情報通信などへの応用が期待される分野です。実験も理論も難しく、決して楽な分野ではありません。しかし、理論を武器に量子光学の様々な不思議と戦う毎日は充実しています。
いつかブレイクスルーとなるような成果をあげる日を夢見て、日々努力しています。

M1(リーディングプログラム副専攻) 小島 康裕

チームナノフォトニクス
血液型B
出身校埼玉県立越谷北高等学校
趣味将棋、映画
特技詰将棋
神成研がいかに素晴らしいか、 神成研究室の良いところはたくさんあります。ひとつは素晴らしい先輩方がたくさんいるところです。神成研究室では、テーマごとにチームに分かれて研究を行っています。このため研究室配属後にチームが決まると、チームの先輩方が指導してくれます。また研究に行き詰まったときなどはチームの先輩だけでなく様々な先輩方からアドバイスを受けることができます。また神成研では1年を通して様々なイベントがあり、その過程で絆を深めることができます。この結果得られた信頼関係は神成研特有のものであると思います。2つ目は研究室の雰囲気です。先ほど説明したように先輩と後輩の関係が非常に良いことに加え、同期の仲も良いため居室の雰囲気は非常に明るいです。一方で卒論発表など、重要イベントが近づくと集中してもくもくと研究を行う雰囲気が自然に形成されます。このように神成研では、全力で遊び、全力で研究するメリハリをしっかりとつけた研究生活が過ごせます。3つ目は先生です。神成先生は非常に教育熱心な方で、わけ隔てなく学生に指導してくださいます。その結果、研究室全体で質の高い研究を行えます。実際に他の研究室と比較してもその成果は申し分ないでしょう。
以上、神成研の良いところのほんの一部を紹介しました。文章だけでは伝わりにくい部分もあると思います。興味を持った方、持ってくれなかった方もぜひ気軽に研究室見学にきてください。

M1(リーディングプログラム副専攻) 鈴木 敬和

チームフェムト秒
血液型A
出身校杉並学院高等学校
趣味テニス・街歩き
特技ドラえもんのモノマネ
神成研と言えば、「波形整形」と言われるぐらい研究室のコア部分を担っているのが、私の所属する波形整形(フェムト秒)チームです。 私が神成研を選んだ理由は、「神成先生の熱い人柄・研究室の雰囲気・勝負する研究」の3つです。神成先生が言う「5つの力(立案力・説明する力・具体化する力・収束させる力・発表力)」は研究にはもちろんのこと社会に出ていく上で必要になる力です。このようなことを学べる研究室はそう多くはないと思います。また実験系の研究室のため先輩・同期との繋がりが強いです。普段はみんな仲良く、研究に対しては個々人が議論を交わしながら情熱をもって取り組んでいます。私はこのような恵まれた環境の中で研究室生活を送っています。現在は、レーザパルスを用いた超高速カメラの開発に取り組んでおり、まだ誰も見たことのない速さでの光と物質の相互作用の発見を目指して日々研究しています。

M2 肥田 遼平

チームフェムト秒
血液型A
出身校希望ケ丘高校
趣味何時間でも寝ること
特技ここぞという時には起きていること
自分が神成研究室を志望したきっかけは,ある社会人の方に「大学時代にするべきことは,何を勉強してきたかではなくどのように勉強してきたかである.」と言われたことでした.研究室で研究できる時間は,修士課程まで進んでも3年とごく限られたものです.一方,就職後は40年程度の時間があり,他分野に就職したとしても巻き返せるだけの時間が十分にあります.研究室で学ぶべきことは研究の内容ではなく,今後どのような場面でも活躍できるようになる人間的な成長であると思います.その点,神成研究室で養われる5つの力(立案力,説明する力,具体化する力,収束させる力,発表する力)は人間的成長ができ,これから社会人になるにあたって, 自分の目指す将来像に近づけると思い,神成研究室を志望しました.また,神成研究室は先輩方の人間関係や雰囲気も良く,自分も先輩方とのコミュニケーションを大事にしていきたいと思います.頑張ります!!

M1 杉山 直仁

チーム固体レーザ
血液型A
出身校NA
趣味ボケ
特技ツッコミ
私が神成研究室を志望した理由は、レーザー光学に興味があったこと、先生が厳しくも面倒見良く指導してくださること、そして意識の高い人が集まっているためです。博士課程の先輩が多く、勉強に困ったときもさらっと質問に答えてくださります。実際に入り、雰囲気はとても良く研究するにあたりベストな環境だと思います。研究費や実験室にも恵まれています。また、神成研はやるべきことをしっかりやれば私生活は自由であり、メリハリの効いた生活ができています。
このような神成研で3年間学び、一人前の研究者、技術者へと成長していきたいと思います。

M1 富田 恵多

チームナノフォトニクス
血液型AB
出身校旭丘高校
趣味映画,ランニング
特技映画館で寝ないこと
神成研究室を志望した理由は、人を育てようとする意識が他の研究室よりも強く感じることができたからです。また研究室紹介の際、神成先生の「神成研は挑戦する集団です」という言葉が心に強く残り、この研究室に行こうと決めました。単純に、研究室見学に行った際レーザ光が非常に美しかったという点もあります。神成研究室の素晴らしいところは第一に、レーザ分野において高度で最先端な研究に携われることです。神成研究室は先端光連携ラボの参画機関の一員であり、新川崎にあるK2タウンキャンパスにも実験室を所有しています。全学科を含めてもK2タウンキャンパスに実験室も構えている研究室は数えるほどしかありません。第二に、とても素晴らしい先輩方がいるところです。神成研では大きく分かれて4つのチームに分かれています。チームに配属されると実験系の研究室のため、そのチーム内の先輩と師弟のような関係になり、先輩方と実験のノウハウや基礎的なことを日々勉強していきます。それ故に、神成研は先輩・同期との結びつき、信頼性が強い研究室だと言えます。これは、研究室内で全員とも独立したテーマを扱うような研究室とは大きく異なる点です。また、飲み会、BBQや合宿などのイベントが充実している点も魅力の一つです。
メリハリをつけながら真剣に、また楽しく研究室生活を送っていきたいと思います!興味を持った学部生の方は是非、見学にいらしてください!

M1 Masaya Y. Tomita

チーム量子
血液型A
出身校私立麻布高校
趣味テニス,カフェ巡り
特技外国語(英語,フランス語,ドイツ語),フルート
私が神成研究室を選んだ理由は、研究室の方針に惹かれたからです。神成研究室のメンバーは、それぞれチームに分かれて研究しています。先輩が後輩を指導する体制が整っており、程よい緊張感の中で研究を進めていくことができます。私は周囲の影響を受けてモチベーションが上がるタイプですので、この研究室の雰囲気が最も合っているだと感じたのです。実際に、博識な先輩方に触発される形で日々に研究没頭出来ています。神成研究室に堅いイメージを抱いている方は多いかと思いますが、実際はそうでなく、好きなことに愚直な人たちの集まりです。個性的なメンバーばかりで、非常に魅力的な研究室です。
これから、他のメンバーと研究の苦楽を共にしながら、有意義な研究室生活を送っていきたいと思います。

M1 山口 勇輝

チームフェムト秒
血液型A
出身校愛知県立時習館高校
趣味電器屋巡り
特技DIY
学部の授業で光のおもしろさを感じて神成研究室への配属を希望しました。電子工学科にはほかにも光を扱う研究室はいくつもありますが、その中でも神成研を選ぶ大きな理由となったのが、チーム制をとっていることです。これから企業に就職し、モノ作りに携わっていく中で、1つのプロジェクトに自分一人で取り組むといったことはおそらくないでしょう。チームの中で必要な力を学生時代から身に着けていけるというのは非常に大きいのではないでしょうか。先輩方は自身の研究も忙しい中、熱心に勉強面から生活面まで、様々なことを教えてくださいます。こういった体制が整っているのも長い歴史を持つ神成研ならではだと思います。慶應電子工学科はすばらしい研究室ばかりで、どの研究室を選んでも充実した研究室生活を送れることは間違いないと思います。ただ、より努力すると決めた選択は自分にとってプラスになってくれると思います。光に興味がある方もない方も、ぜひ一度神成研究室の雰囲気を見に来てください。

B4 大見 聡仁

チーム量子
血液型O
出身校岡崎高校
趣味鉱物採集、カメコ、デジタルアート
特技トリプルキャンパス、自由科目単位の量産(文系のゼミにも所属しています)
量子光学という発展途上でありチャレンジングな分野で研究ができる、長年のノウハウが蓄積されており挑戦できる環境が整っている、このことが神成研究室に入る上で決定打となりました。
量子分野というのは、まだまだ未確立な理論が多く、今後の発展が大きく見込めそうな分野だと思います。最近では量子コンピュータなど将来のブレークスルーに期待される技術が開発されているというニュースをよく目にします。そのような将来社会に大きな影響を与えうる研究に私もいつか取り組みたいと漠然と考えていた時に、この研究室を訪問しました。そこで見た神成研究室が取り組んでいる量子分野への光学からの独特なアプローチ、研究設備、最先端の難解な研究に取り組む姿勢、優秀な先輩方、どれにも心惹かれました。
神成研究室には、第一線での研究に挑戦できる、長い間に醸成された環境が整っている気がします。

B4 藤田 将吾

チーム固体レーザ
血液型O
出身校福岡県修猷館高校
趣味野球観戦
特技睡眠
私が神成研究室を志望した理由は、自分がもともと興味があった光分野の研究を行っていることに加え、人を育てるという意識が高い研究室だと感じたからです。神成研究室ではチーム制をとっており、先輩が後輩を指導するという形をとっています。メンバーの方々と協力しながら課題を解決していくことはこれから社会に出るにあたって非常に重要な機会だと思います。私が研究室での期間で一番重要なことは様々な経験を通して社会人として必要な力を身につけることだと思っていたため、神成研究室を志望しました。
これからは決して楽ではないことが多いと思いますが、それらに立ち向っていく中でたくさんのものを得て、一人の人間として成長していきたいと思います。

B4 新村 星太郎

チーム量子
血液型AB
出身校慶應義塾湘南藤沢高校
趣味読書、バイト、漫画集め、ポケモン収集、サッカー観戦
特技ベース
自分が神成研究室の一端を初めて知ったのは、2014年にSTAMPの記事をたまたま読んでいたニュートンで見つけた時でした。当時はまだ大学一年生で、全くその分野に興味を持っていなかったため、どの学部のどの学科のどの研究室のことなのかは一切知らず、たまたま進路で電子工学科を選んだ時に、世界最速のカメラを作った研究室は神成研だったと聞いたことで興味を持ち始めました。最終的に神成研究室を選んだのは、その歴史の長さでした。長年積み上げられた技術と知識が何よりも研究室の基盤を作っていて、教育の面で考えれば、自分が一番得られるものが神成研究室にあると考えました。
100年先の未来を100年待つよりも、50年、10年にできるように頑張りたいと考えています。量子を勉強したい人、光について知りたい人、それ以外にもちょっとでも気になったら、ぜひ神成研究室に来てみてください。

B4 根本 寛史

チームフェムト秒
血液型O
出身校市立銚子高校
趣味ギター、バドミントン
特技好きな夢を見られること
私が神成研究室を志望した理由は、光と物質の相互作用というものに強く心惹かれたからです。学部の授業などで光について学ぶ中でその奥深さを感じ、光の様々な性質を制御し新たな現象を見出していくことに未知の可能性と面白さを感じました。また、私は今までこれといった目標もなく漠然と学生生活を過ごしてきましたが、神成研ではモチベーションの高いメンバーに囲まれ、自分も先輩方や同期に負けていられないという意識を持って勉学に励むことができます。まだまだ研究者としては右も左もわからない状況ですが、神成研のメンバーとの研究生活を通じて,自分も少しでも速く研究者として成長していきたいと思います。

卒業・修了生

73期卒業生

72期卒業生

71期卒業生

70期卒業生

69期卒業生

68期卒業生

67期卒業生

66期卒業生

65期卒業生

64期卒業生

63期卒業生

62期卒業生

61期卒業生

60期卒業生

59期卒業生

58期卒業生

57期卒業生

56期卒業生

55期卒業生

54期卒業生

53期卒業生

52期卒業生

51期卒業生

49期卒業生

Page Top